メールでご予約 お電話でのご予約:受付時間月~土9:30~18:30

脳卒中の治療について

トップページ > 脳卒中の治療について

脳卒中の治療について

脳卒中(脳梗塞や脳出血(脳内出血)、くも膜下出血)の治療方法についてご紹介します。

脳卒中の診断に使われるMRI・MRAとは

くも膜下出血とは:イメージ画像

MRIとは、強力な磁場の中で生体組織からの反響信号の強さを画像化したもので、CTと違いX線などによる被爆を伴わずに脳の状態を細かく画像化する機械です。これにより、脳梗塞では、急性期から慢性期にかけて、病変部の正確な描出が可能です。

この他、脳出血(脳内出血)や脳の萎縮など、様々な脳の状態を把握することができます。MRIと同様の方法により脳の血管のみを特別に描出し、三次元的に立体投影する方法がMRAです。

脳卒中の関連リンク